大学最終日


帰ろうとしたら、夕日が出ていた
燃えるような金色の輝きに心が満ち満ちた