読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国心

最近良く思うのが愛国心とアイデンティティに関しての事柄
愛国心という単語が話題となったのは美しい国にしようとか阿部元首相が言っていた時
判断に難しい愛国心を採点基準とするかどうかの論点だけれども


僕としては、誰もが普遍的に持っていて欲しいものでもある
国歌斉唱しないで起立しない公務員は明らかな職務怠慢であると同時に
GHQの愛国心を教育しないという方針や、タブー化したことが彼ら元左派の思想に深く影響していると思う


そういえば愛国心という事柄なら、恐らく中国人の方が更に無いだろう
道の駅連絡会の某駅の駅長が中国人はイナゴだよと言っていたが
大半の人間はまさにそれで、日本国籍を取得したら日本人だよという


事実上はそうなるし、国籍を取得する要件として、実質愛国心を持つことを求めているけれども
元自国中国に対してどのように感じているのだろうか、不便だから収入が少ないから等と言った理由で
移り住んだ人間は日本が没落したら彼らは直ぐに脱出するだろう
それは朝鮮人も同様である


移民を入れて、GDPを押し上げろと経団連が必死に言っているのは他国にインフラの投資をせず
日本に移民を引き入れ労働させたいからであるのは、もはや明確ではあるが移民に愛国心ってあるの
という疑問が付いてやまない、受け入れたらイギリスやEUの様な暴動と没落が待っている気がしないでもない


社会保障を守りたいなら、年金を賦課方式から積み立て方式に
生活保護を現物支給に切り替えたら良い と頭の良い学者は皆口を揃えて言っているが
一向に変える気配がないのは官僚のプライドの為だろうか 移民は社会保障費を更に引き上げたという皮肉


アイデンティティは自己同一性と訳される
簡単に言うと自分はどうなりたいのかという将来像
愛国心とアイデンティティが合わさり、戦前はお国のために尽くしたいという人間が象徴的に描かれているが
今の日本にそういう人間は居るのだろうか。


愛国心?古い古いこれからはグローバルと
一流の商社マンはシンガポール国籍や米国の国籍を取得している人間が多数いると思うが
グローバルや愛国心という概念とアイデンティティという概念は、あまり関係ないとされているが
実は深く関連している。


それの象徴が国歌だったり フランス国家

1.
Allons enfants de la Patrie,
Le jour de gloire est arrivé!
Contre nous, de la tyrannie,
L'étendard sanglant est levé!
L'étendard sanglant est levé!
Entendez-vous, dans les campagnes,
Mugir ces féroces soldats?
Ils viennent jusque dans nos bras
Egorger nos fils et nos compagnes!
1.
いざ祖国の子らよ!
栄光の日は来たれり
暴君の血染めの旗が翻る
戦場に響き渡る獰猛な兵等の怒号
我等が妻子らの命を奪わんと迫り来たれり
[ Refrain ]
Aux armes, citoyens !
Formez vos bataillons !
Marchons ! marchons !
Qu'un sang impur abreuve nos sillons !
<リフレイン>
武器を取るのだ、我が市民よ!
隊列を整えよ!
進め!進め!
敵の不浄なる血で耕地を染めあげよ!
2.
Que veut cette horde d'esclaves,
De traîtres, de rois conjurés ?
Pour qui ces ignobles entraves,
Ces fers dès longtemps préparés ?
Ces fers dès longtemps préparés ?
Français, pour nous, ah ! quel outrage !
Quels transports il doit exciter !
C'est nous qu'on ose méditer
De rendre à l'antique esclavage !
(Refrain)
2.
奴隷と反逆者の集団、謀議を図る王等
我等がために用意されし鉄の鎖
同士たるフランス人よ!
何たる侮辱か!何をかなさんや!
敵は我等を古き隷属に貶めんと企めり!
3.
Quoi ! ces cohortes étrangères
Feraient la loi dans nos foyers !
Quoi ! ces phalanges mercenaires
Terrasseraient nos fiers guerriers !
Terrasseraient nos fiers guerriers !
Grand Dieu ! par des mains enchaînées
Nos fronts sous le joug se ploieraient !
De vils despotes deviendraient
Les maîtres des destinées !
(Refrain)
3.
何と、我が国を法で縛ろうというのか!
何と、金で雇われた傭兵共の集団で
我等の誇り高き戦士を打ち倒そうというのか!
我等を屈服せしめるくびきと鎖
我々の運命を支配せんとす下劣な暴君共よ!

4.
Tremblez, tyrans et vous perfides,
L'opprobre de tous les partis,
Tremblez ! vos projets parricides
Vont enfin recevoir leurs prix !
Vont enfin recevoir leurs prix !
Tout est soldat pour vous combattre,
S'ils tombent, nos jeunes héros,
La terre en produit de nouveaux,
Contre vous tout prêts à se battre!
(Refrain)
4.
打ち震えるがいい、暴君共そして反逆者等よ
恥ずべき者共よ
打ち震えるがいい、恩知らずの企みは
報いを受ける最後を迎えよう
国民すべてがお前達を迎え撃つ兵士なり
たとえ我等の若き戦士が倒れようとも
大地が再び戦士等を生み出すだろう
戦いの準備は整った
5.
Français, en guerriers magnanimes,
Portez ou retenez vos coups !
Epargnez ces tristes victimes,
A regret s'armant contre nous.
A regret s'armant contre nous.
Mais ces despotes sanguinaires,
Mais ces complices de Bouillé,
Tous ces tigres qui, sans pitié,
Déchirent le sein de leur mère !
(Refrain)
5.
我等がフランス人よ、寛大なる戦士たちよ
攻撃を控えることも考えよ
我等に武器を向けた事を後悔した哀れな
犠牲者達は容赦してやるのだ
ただしあの残虐な暴君と
ブイエ将軍の共謀者等は別だ
冷酷にも母体を引き裂いて生まれ出でし
暴虐な虎共には容赦無用なり!
6.
Amour sacré de la Patrie,
Conduis, soutiens nos bras vengeurs !
Liberté, Liberté chérie
Combats avec tes défenseurs !
Combats avec tes défenseurs !
Sous nos drapeaux, que la victoire
Accoure à tes mâles accents
Que tes ennemis expirants
Voient ton triomphe et notre gloire !
(Refrain)
6.
復仇を導き支えるのは神聖なる愛国心なり
自由よ、愛しき自由よ
汝を守る者と共にいざ戦わん
御旗の下、勝利は我々の手に
敵は苦しみの中、我々の勝利と栄光を
目の当たりにするだろう
7.
Nous entrerons dans la carrière
Quand nos aînés n'y seront plus;
Nous y trouverons leur poussière
Et la trace de leurs vertus.
Et la trace de leurs vertus.
Bien moins jaloux de leur survivre
Que de partager leur cercueil,
Nous aurons le sublime orgueil
De les venger ou de les suivre !
(Refrain)
7.
我々は進み行く 先人達の地へ
彼等の亡骸と美徳が残る地へ
延命は本意にあらず
願わくは彼等と棺を共にせん
取らずや先人の仇、さもなくば後を追わん
これぞ我々の崇高なる誇りなり


http://www.worldfolksong.com/anthem/lyrics/france.htm

日本の君が代は、恋の詩と言という説や天皇説などがあるが、それは歴史学者に任せよう
どこの国にも忠誠を誓わず、グローバルと言い張る人間は世界中で嫌われているが
実はそれに日本人は気がついていない


少し前に坂本龍馬が流行っていたのを僕は覚えている
竜馬伝において、坂本龍馬は国の将来を憂う愛国者として描かれている。


孫正義もそうだけれども自称坂本龍馬ほど怪しい人間はいない
彼らは国の将来を憂う愛国者ではないから、薄っぺらいのだ


偉人の話は、アイデンティティの話と強く関連しており…
って明日テストか 書く気力が起きたらまた書きます ではでは ノ