読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NTT、送電事業参入の可能性示唆 沢田副社長「検討している」

NTT、送電事業参入の可能性示唆 沢田副社長「検討している」

 

NTTは26日午前、東京都内で株主総会を開き、鵜浦博夫社長は「グローバルマーケットに意思決定の軸足を置く」と述べ
国内中心からグローバル市場を意識した事業展開に転換する考えを示した。

 海外売上高は1兆6000億円を超えたが今後も成長が続く見通し。
国内市場については「日本は最大の市場ではあるが、ワン・オブ・ゼムと考える」と説明。
そのうえで「日本型マネジメントで(海外事業に)ブレーキがかからないようにする」とグローバル経営にシフトする方針を強調した。

 電力自由化で2020年の発送電分離に向けて異業種参入の動きが出ているが、
株主は「NTTは通信回線用地下道もあり送電事業のポテンシャルは一番ある。送電事業に参入する気はないのか」と質問。

 沢田純副社長は「(通信と電力は)技術体系も違いすぐ参入はできないがどんなサービスが提供できるか、検討している」と参入の可能性を示唆した。

 

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1435407074/-100